男性女性

インターネットでできる不動産売却【売却バイブル】

北部地域がねらい目

つみき

のびのびするなら

茨木市は、大阪市と京都市の間に位置していることから、多くの人が生活をしており、公官庁が集まる中央部は、不動産地価が高く、一般のサラリーマン家庭では、十分な広さの戸建てを購入することは難しいものです。しかし、不動産各社の物件を見ても、開発の拠点は北部地域にシフトしてきており、戸建てといえば、郊外の広めものがメインになってきています。この地域には関西最大級のビッグタウンと銘打った住宅街が開発されており、子供たちがのびのび生活できることを売りにしています。茨木は北部地域を中心に、これまで大阪の中心部にあった大学をはじめとした施設が移設されることも多く、新しい街づくりの拠点になっています。不動産情報を見ても、新たに作られた街並みであるため、ゆったりとした道路に加え、緑も取り入れた街づくりが行われています。また、エネルギーに関しては、太陽光を利用したダブル発電と言われるシステムを採用しており、環境にも優しい街になっています。もともと茨木市の持つ場所的なメリットはそのままに、余裕のある生活ができることから、茨木地域に詳しい不動産会社の情報を検索すると、たくさんの情報を得ることができます。価格帯については、3000万円程度から4000万円程度に設定されており、今後の発展も考えた場合、相場と比較しても価値の高い物件と言えます。駐車場が付くことが基本スタイルになっていることもあり、周囲にはアウトドアライフを楽しむ環境が揃っていることから、大阪中心部では味わうことができない生活を手に入れることができます。